ジャムトースト反復横跳び

高速バスの深夜便

10日間羽織り続けた
古着の分厚いバスローブ

みたいな

コート

みたいな

バスローブとゆうよりガウン




頭からすっぽりかぶってる

はいりさんには
夏の終わりからちくちく編んだ
マフラーをぐるぐる巻きつけてる



このバスは東京新宿行き


東京はあたしの住んでる街です



約10日に及ぶツアーが
終わった 


いいえ
おうちに帰るまでがツアーです

いいえ
荻窪ワンマンまでがツアーです


それでもなぜか

安堵とか何故かぎゅっとする心とか
どんな日よりも
深くバスの椅子に沈んでる気のする
からだとか


あたしが感じることのできる
全てがやけに活発に右往左往




広島


お腹空いてるでしょ

って焼いてくれたトースト
いちごジャム
あったかいコーヒー

ジュゲムのママで


ゴッドマザーことルーシーさんと

たった2人っきりの夜

ハーディガーディの
totoki兄さんと朝倉父さんに
紹介してもらったお店で
絶対好きになるよって言ってくれた

ルーシーさんは
へんてこで可愛い帽子を被って
赤いコーディネートで
ほんとにあったかくて優しかった


誰もいないのに歌わせてもらいました

終わってから
ごめんなさい
って謝ったあたしを
お好み焼きに連れてってくれた

あれからずっとあたしは
あの夜を反復横跳びしてる気がする


あたしのことだーれも知らない街
あたしのことだれかが知ってくれてる街

聞きにきてもらえることって
決して当たり前に当たり前じゃないね

ルーシーさんとした約束を
果たしにまた絶対いくから
広島まっとけ、じゃけんのお




岡山


このツアーでおやすみを当てた日は
岡山の幼なじみに会ってきました

変わらないようで変わった
変わった顔して変わらない
銭湯でのすっぴんお目々、
あたしとあなた
それぞれの今日までをお喋り



朝早く息子は学校にゆき
飼い猫はあたしの腹の上
下の子二人は学校と保育園を休み
(お腹痛いもん!って言ってたけど
たぶん嘘ね笑、内緒ね)

ありちゃん起きて遊ぼう

ってそれはそれは大きく揺さぶる
猫も転げ落ちる


起きたら彼女の母も来てて
みんな元気で嬉しかったです


ペパーランドまで送ってもらってるとき
大きな月が顔をだしてた


きれいね、おおきいね、って

またね、またくるね、またおいでね、

って。




ペパーランドに聞きにきてくれたのは
高速バス乗ってきた地元の友達
元バンドメンバー

マチルダは会う度に髪が伸びてゆく

朝まで他人の幸せを漠然と聞きながら
その人がそれでいいなら、
って簡単に言ったけど
それは、もはやなんでもなくて
もう言う必要さえも気になる言葉ね


京都


上がってくほど寒くなってくので
やっとコートが様になってきた


店主の後山さんとは彼の歌に出会ったのが
出会いの初めだったんだけど

快く迎え入れてくれて嬉しい
川のすぐ横にあるお店
木がオレンジと赤の葉を揺らして
久々に紅葉を見た
季節をやっと目で見た

ひたすらにあたたかいところでした



方向音痴が炸裂したあたしに
共演者の方が一緒に駅まで来てくれました

カレーが大好きらしく
カレーの隠し味を沢山教えてくれた

また是非一緒にやりましょうね
ってこの数日で何度もしたやりとり

どれもこれも叶うといいのに




大阪から和歌山にかけて
サイバーパンク演歌歌手Σこと
おしぐのお世話になりました

関西決まらんでめそめそしてたあたし
それでも全部自分決めるって
ふがふがしてたのに心折れかけた頃

おしぐの手がさっと握ってくれました
女神みたいな優しさだったよ

ありがとう

ありがとうねほんとに

今の今までどのシンガーよりも
寝泊りを共にしてるもの
しっかりもののおしぐ


そして今回のついに
おしぐの母と対面したのよ!

へへへへ


ほんとうにお世話になりました
ありがとうございます

大阪の夜、帰り道
ひどい偏頭痛を起こしてしまって
おしぐに迷惑かけてしまって


治った頃にインスタントラーメン
二人で鍋つついて食べたね

あったかかった

大阪の夜は
初めてがたくさんあったの
ありがとうございました


5月にリリースしたとき
地元の働いてたTSUTAYAで
派手に(感謝!)展開してくれたの

それを帰省したときにたまたま
見てくれて知ってくれた
地元一緒の神戸のバンドマンの方とか

いきなりの連絡に割と不審がってた
あたしをテレビに流してくれる
大阪のレーベル?のひと

関西のテレビに
大晦日日付け変わった頃流れるそうです

カメラに撮られながら
ひきつってますよ笑

って言われたので笑ってしまった

関西で会える二人組は
やっぱりいつも変わらずあったかい


色々びっくりして嬉しすぎて
はしゃぎすぎたら
頭痛くなるなんて笑っちゃうね

おかしいねあたし


おしぐー!双子座流星だって、

見ようよって

ベランダに誘って

真夜中寒くて仕方ない癖に

光の方が多くて星はあんま見えんのに

ジャケット着込んで

二人で空を見てた
真横に大阪湾があって
境目は街の光

流れ星流れたらなにお願いする?

って聞いた

おしぐの答えは内緒にするけど
あたしの答えは内緒にするけど

お星様いっちょひとつそこんとこ
よろしくお願いします




名古屋


おしぐの声で起きた

どんな時もおしぐは
しっかりしている


飛び起き競歩し
おしぐ曰く10年間通ったそのスキルで
無事に大阪もどれました

バス乗る時

行ってらっしゃいって

おしぐが言ってくれた


名古屋


鑪ら場

深くて厚みのあるところでした
たくさんのひとから
話を聞いてたから絶対出たかったの

大好きな所がまた増えた
ごはんもおいしかったもの

BGMに知ってる東京のシンガーの歌

やっぱ好きだなあって思った





このツアーで
東京から九州まで見にきてくれたり
名古屋にきてくれたり

初めましてが沢山
お久しぶりも沢山

まだまだ出会えるはずだわって
息巻いたツアー

人見知りなんて言って逃げるなよ
って
毎日ドアを開く前に念押した



まだまだ出会えたねありがとうね

繋がり合う縁に
いつか

日本は狭いと言うのかな

パスポートもないくせに




うたを聞いてくれてありがとう
知ってくれてありがとう
いつもありがとう

あたしは今までずっと
どの場所でも自分のうたを自分で
自分のステージを自分でって
強く思ってきました


今回全部初めましての
会場だったのもあって
余計に思った


だって
中村アリーは
あたしひとりだもの

あなただってあなたひとりだもの



またきっと旅に出たくなる


東京に近づいてきた





東京を出てからあたしの下に
雨が降らなかった
ずっと不思議なくらいの晴天

いまバスの向こうで雨が降ってる

雨が窓に当たる音がする

ガウンのなかは少し暑い

東京まであと少しで着きます


つぎのステージは

ツアーファイナル


このあたしがもう一度人と音楽を
鳴らせるんじゃないかと、
んーん、

鳴らしたくてバンドセットにしました

年末のお忙しいなかとわかってるけど
ご無理を言いたくなるくらいに
素敵な音でお待ちしてます



12月19日木曜日

荻窪クラブドクター

中村アリーワンマン公演

「喜び合うのに理由はいらない」
開演19:30料金2500+1D

ご予約はお問い合わせ
またはamo.nkmla@gmail.comまで





帰ったらシャワー浴びて
最終リハに行くよ


あなたも今日が良き日で
ありますように

 

 



   

一昨年の1stレコ発ツアー前に編んだマフラー
長過ぎるマフラー
あんまうまく編めなかったマフラー

でもやっぱり手編みはあったかいね


マフラー


を引っ張り出した


外はきっと寒いから

セーターにマフラー

このくらい軽い服装が好きなのに
あと一枚、もうすぐあともう一枚の出番が
すぐそこまで来てるみたい

あなた風邪ひかんでよ



外は晴天、青いなあって見上げて
やっぱりあたしは雨女かもしれんなあって
思った


昨日は単独公演つまりワンマンライブでした

寒い中、雨の中
ご来場ありがとうございました

TIG-HUGSなんてキュートな名前をつけてくれたのは
このワンマンの影の主謀者Kato-kingさん

エレキギターを弾いてくれたひと

バンドのアレンジを鋭い角度で担ってくれたのは
うのしょうじさん

エレキベース弾いてくれたひと

土台でしっかり同じ呼吸で刻んでくれたのは
桜井佑哉さん

ドラムを叩いてくれたひと

横で笑顔で一緒に声をだして華を添えてくれたのは
びりすけさん

コーラスをしてくれたひと

あたしは4人の上で
跳ねて飛んで歌って弾いて困らせて笑ってました



スケジュールに知らん間に入ってあった
3月の誕生日ワンマンが終わって
相変わらず呼ばれて飛び出てじゃじゃじゃーん
な、
ライブの日々を過ごしてたところ


ワンマンやらないか、と

BLACK and BLUEのオーナーが言う

あたしはまだまだ収まる気配の無いコロナと
3月のワンマンで拭えない
引け目が少しあったりプライベートが

やりません

と伝えたが、しかし、

あの男なかなかの落とし上手なもんで
真っ直ぐほんとの声で言ってくれたもんで、
そうなるとあたしはいとも簡単なもんで、

散々口説かれたと言ってますが
いや実際そうなんですけども
結果

この猫背で丸まった背中を強く押してくれた

BLACKandBLUEのオーナーでもある
Kato-king兄さん


ありがとう

彼の無垢で無邪気な部分に動かされる人はきっと
あたしだけじゃないはず




ちなみに3月のワンマンの背中を押してくれたのは
石川キャプテン


まったくあたしに暇を与えない愛しい人達め




おかげでふやけずなまけず
鈍らず衰えず生きてます