オーブンで膨らむ気持ち


ご無沙汰しておりました

お忘れになられてないですか

そうです
あたいがあたくしが
中村アリーです


はろーはろー惑星地球から


きちんと生きてます
程度よりも生命として


どぎゃーんばぎゃーん
ぷいぷいのぷー!

あたいはいつも素面です

じゃ一緒に振り返ってくださいね



いつでもこの愛を
クール便で送れるほど
大好きなハルミさんの企画


乳ん祭
仁義なき無花果

ステキな大久保ひかりのうま
開催されました!

ありがとうございましたー!



オープンと同時に早い時間から

みんなを見にきた

言葉ひとつで
このイベントや人が愛されてること
染み染みの
トップバッターでした


ものすごく大事な一番手を
ハルミさんが渡してくれたこと

アリーちゃんなら任せれる
って言ってくれたから

おうおう任せておくんなし

なんて

どきどきしてたけど

歌い出すとただの幸福
シンプルにこんな良い日に
歌えて幸せだなあ
みんなすきだなあ

でした


久々に見た
泣かずに終えためめこの歌
とてもよかった
新しいギターはマーチンだって
めめこがありたんのギターは
ありたんしか鳴らせないって
言ってくれたけど
めめこもです
めめこってのは染谷芽依のこと


岡部洋子さん
笑った顔とビールを飲む顔が素敵で
ひとを幸せにする笑顔の持ち主でした
長い髪と粋なパワーで
空気を振り回し自分のものに
シンプルな大事が詰まってた


角田磨知さん
自分ロックンロールバンドやってるんで
って言った時にしびれちゃいましたね
迫力の塊ととても大事なユーモアが
重なって愛を叫んでた
お話させていただいた時感じた
優しさを覚えておきたい


ハルミさん
やっぱり今日は叫び倒す!って
震える魂が面と向かってきた
彼女のステージは
生命そのものです
マイクに頭をぶつけようと
胸がチラリしてようと
観客がどうなろうと
彼女には全く関係のないこと



大好きな歌を歌います

ありがとうございました
pic by_φzy


横田惟一郎×中村アリー

不定期2マンin亀有KIDBOX
第3回め最終

思いもよらない嬉しい方と
いつも支えてくれる方々が
見届けてくれた

とてもありがとうございました

振り返ればちょうど一年
なんで2人っきりで不定期に
2マン続けてきたのか
誰も誰も知らんけど

一年前とは違う
2人がちゃんとそこに居られました


横田さんの坂と街灯
あたいのチープダンス
風をあつめて

特別な日には特別なことを

やっといて言うけど
ミラクル贅沢でした
人と連ねて歌うのは久々で
嬉しかったな

坂と街灯はねー
とってもいい歌です
小説みたいなロマンがあります

動画撮っていただいてまして
公開の仕方がわからないので
神さま、もしくは詳しい方
教えてください笑

来年春にまたKIDBOXで
やります

誰を誘うか決めてるわ
とても素晴らしいひと!


大好きな亀有KIDBOXに多謝を

そして横田さん
これからもよろしくね


さ、ここから
あの日確かに中村アリーは
生きていたー生きていたー
(深いリバーブ)

横浜の音小屋は
いつも両手で迎えてくれます

森下ガンさんは横浜音小屋で
お馴染みの写真家
初めて撮っていただきました

嵐が起きた起こした

素敵より無敵

いつか横浜音小屋バンドやろうよ
ってお話
果たしたいなあ
きっとすごいよふふふのふー

アポロwith横田惟一郎の背中


売れてから言えって言葉は
芸術家を殺すのに一撃必殺

帰り道
あんな言い方しなくても
いいんじゃないですか

って

横腹をペットボトルでつついたら

なんだよぉ

って返ってきた

その言い方があまりに子供みたいで
かわいくておかしかった



浅草って大好き

日本を感じれるもの



おっぱいが振り乱れる中
アイドルの中
どこ吹く風はここに吹く風



ベティとジョリーン

あたいはアリーで
持ち主はエリツィン

みんなカタカナ好きね

朝5時に飛行機に乗って
北海道に行ってきました

グッナイ小形君が連れてってくれた

ありがとうございます


行くか、行かんか、
悩んだのは先の地震があったからで
行かんかった人も行った人も

「間違い」みたいになるんは
違うなってずっと口をパクパク



くちをパクパク




歌って帰る

いまもきっとこれからも
あたいのやるべきことは同じで

それは都内でも一緒


歌いに行って暮らす場所に帰ること

それはとても大事なこと



とっても大事なこと

お家に帰るまでがライブですよ


もちろんあなたもそうね




後日別件で
安易に言ったつもりじゃなくても
結果をかいつまれたら
君のせいだと言われてしまい

こんなあたいでも
そうか、とくちをパクパク

誰かの為と誰かのせいは
隣り合わせね

ぱくぱく
魚になりました


遠く離れた北海道には
ずっと応援してくださってる
ご夫妻が住んでます

色々偉そうに言ってもね
顔見た瞬間に目が潤んだ

なんでかな
嬉しかったのと他になんか
たしかにあったん


いただいたチーズタルト
すごくすごく美味しかったです

また会いに行きます


飛行機から見た

地球は青いってほんとかもー!




某日、晴れ
あたいは歌いに埼玉へ
録音にいきました

毎度毎度のことですが
感謝が絶えません

ありがとうも込めます

いい歌だなあって
言ってくれた

嬉しかったよ




誰も集合する気のない集合写真



割とみんな集合してる集合写真

帰ってから
ぎゅうにゅうとたましいさん
音源をすぐチェック




集合、、してる、気のする
集合写真


文を重ねる。さんが
呼んでくれた茨城でした


覚えててくださってたことが嬉しい
直樹くんありがとう

歌ってくれててありがとうと
書いてくれた手紙

良き夜とふかふかしたソファと
名残惜しく電車で帰って

ぼんやりと
前回来た時に会った人を思い出す

やっぱりもう会うことないんかな
そうかーそうかー
なんであたしに内緒話
うちあけたの?





歌い終わったら文さんが
いつものようにぎゅーとしてくれた

あとつねられた

彼女は先日

アリーさんは誰の為に
歌ってるんですか?

なんてことをメールで問うてきた


なんにでも理由が必要で
なんにでも名前が必要で
なんにでも病にしてしまう

そんな愛しい世界とあなたを
思わずにはいられません




3日連続したらあたいやたら熱だすわ

なんて言いつつ

ファイヤーバード 

システム、オール、グリーン

の真ん中の日の帰り道

荒牧リョウさんが
通り道だからと送ってくださりました

全国を車で歌いに行ってる彼女の
車の中はまさに彼女の部屋で
どきどきした

初めましての人なのに
なんだか尽きない話をさせていただき
嬉しかったなあ


アカレンジャーばかり揃ったような
集合写真

あのひとこのひで
中村アリー

pic by _φzy
愛しいはいりさんまで♡


こうやってみると
沢山服もってるなあって

え、


ふふふ

うそです
歌ってた生きてた瞬間です
すごいよね

いつもいつも
ありがとうございます


ところで
今CDのジャケットの案を
すごく考えてて
一緒に考えてくださる方と
んーぅと言いながら

あたいってば
なにが似合うのかしら


でも
いいもの作ろうって言ってくださった
その心がやっぱり心強いね


胸ぼーーーん!




揃えば歌う星川あやちゃんの企画

あみだくじする前から
自分の出番はわかってた

ずばり女の勘よ
そうあの根拠のない恐ろしいやつよ
恐れ入ったかあ!


生音が木材に染みてく夜

ここまま家が動き出したら
どうしよう

そんな夜



あやちゃんが
アリーさんの日程で組みます!
と熱をくれたので愛を返した夜でした


いつなら大丈夫ですか?
と聞かれて
それなら絶対確実を出したいから
日は遠くなる

のに
のに

ほんとに有難く
来年の5月までぼちぼち決まってます

ほんとに
それがどれほど嬉しいことか
ほんとにまったく
なによあたいが必要なのね
喜んでいきます

あいらびゅっ






いつも明るい我らの隊長

個性の数と人間の数は
おんなじな集合写真

それぞれの歌を人生を


飯能East Court
置いてたフライヤーが全部なくなってた
驚いてしまったなあ
思わず店長のいくさんに
「フライヤー全部なくなった!」
なんて言ってしまった照

すごくすごく嬉しかったです

ありがとうございました




今月頭くらい居眠りの中鳴った電話

事故か自殺か他殺かわからんけど
あの人が亡くなったよ

そんなことを知らせてきた


そこから
近況を知らせてくれる連絡が
偶然にライブの前に届くようになって

連絡をくれるあの子は
亡くなる3日前まで連絡を取ってたんだと
とても落ち込んでて


あたいときたら
相槌にも慰めにもならないような
言葉しか出てこなくて

珍しく寝ずに向かった飯能の電車の中

今日家族葬らしいです

とまた一通

落ち着いたらお墓まいりに行こうね
約束をひとつ

そこでやっと何か進んだ気がした
約束をするということは
前に進むこと



触れれるものを触れれるうちに
温かい温度に柔らかいものに
目を合わせれるものに
なんでも生と死をつなぎあわすのは
あまり健康的じゃない

でも
亡くなった彼は
全国の学校を劇団で回ってた

それはいつか小学生のあたいが
ぎゅうぎゅうの体育館で見た
あの芝居であの一員

夢があったよ
たしかにちゃんと夢をくれた


 
更新されないSNSも
あたいよりもずっと明るいから
なんだか苦手で
返さなかったメールとか


そんなことばかりが
ずっと残っているのは確か







いつだって大事な縁の中に
居られることの嬉しさは

いつだって音楽が連れて来てくれた

ヘッドフォンから聞いてただけの
音楽はいつのまにか
あたいが歌い出したその日から
あたいの人生を作るようになった

もちろんまだまだ
これからずっとずっとよ

いつのまにか全部音楽がある



ふと自分の腰を下ろす瞬間のあたいは
あたいだけのものでいたい


全部を大事にしたいのは
我儘かもしれない
でも
全部があたいの全て


ステージには一人で立ちます

大事なものが胸に体にあるから
一人で立てます

だれかが押してくれた背中と
ひっぱたかれたお尻と
結べた温度の手で

まだ会ったことないひとのことも
思えるくらいよ

それは誇りによく似ていて
自分が自分を好きになれる瞬間

良い夜が思わぬところで
悲しいになるのは
寂しいですとっても

考えることに心に余白がないと
自分の矛盾に苦しむことになるね

はーあん
余裕綽々でへっちゃらと
いつだって言いたい



そうよ言いたいの







阿部浩二さんは

どこかいつも掴めなくて
掴めるのに掴めなくて

彼を知るのは百会話するよりも
歌を一編聞いた方がわかる


思わず涙が出たら
横にいたこの夜をはじめた
グッナイ小形くんも泣いてて

なにこれぇーーー
みたいな照れくささと
心が大きく膨らむ笑いがあった


英祐一さんは
すごい熱量で
熱さで胸がこんなにも
震えるものかと思わされた
とっくに崩壊した涙腺が

月と月

とゆう曲で鼻の奥まで痛くなって

なんて素晴らしい日なのさ
体の中のあらゆるもの喜んでた
そして
あたいまだまだまだまだまだの
体の中を探り帰りました


ご来場ありがとうございました







鈴木知文さんの
ワンマンに行ってきた

こんな嘘のないひといないよ


そのあと

大好きなハルミさんに

背中を押して押されて
すごい脚力で蹴られて

愛を感じました

大好きです

素直にとっても大好きな
ひとたちが
いつもいつもいつも

あたいを震わせてくれます

あーぁ簡単に
また
世界が愛しくなりました


近々愛する皆様にお知らせさせていただきたいことがあります

よろしく愛らぶゆ


9月10月と
ほんとにたくさんがたくさんで
ブログ書いては消したり
次またライブがあったりで

おそくなちたね

ありがとうございます

ちゃんとしてこうね
あたいがね


ささ
あしたは荻窪ドクターです

明日は絶対いい音になれる魔法のひと、

 

えみこさんのお誘い


一番手!



10/31荻窪club Doctor

開場19:00開演19:30

  ¥2.000/¥2.300(+1d¥500)

Happy hour(Open~Live start) 

+¥1.000→3dチケットGET!!!

 

中村アリー(19:00-

SIX1SIX

Gorgeous Bathroom

サトウシューゾー

ラーメンヒフミヤ



お待ちしてます

 

 



   

一昨年の1stレコ発ツアー前に編んだマフラー
長過ぎるマフラー
あんまうまく編めなかったマフラー

でもやっぱり手編みはあったかいね


マフラー


を引っ張り出した


外はきっと寒いから

セーターにマフラー

このくらい軽い服装が好きなのに
あと一枚、もうすぐあともう一枚の出番が
すぐそこまで来てるみたい

あなた風邪ひかんでよ



外は晴天、青いなあって見上げて
やっぱりあたしは雨女かもしれんなあって
思った


昨日は単独公演つまりワンマンライブでした

寒い中、雨の中
ご来場ありがとうございました

TIG-HUGSなんてキュートな名前をつけてくれたのは
このワンマンの影の主謀者Kato-kingさん

エレキギターを弾いてくれたひと

バンドのアレンジを鋭い角度で担ってくれたのは
うのしょうじさん

エレキベース弾いてくれたひと

土台でしっかり同じ呼吸で刻んでくれたのは
桜井佑哉さん

ドラムを叩いてくれたひと

横で笑顔で一緒に声をだして華を添えてくれたのは
びりすけさん

コーラスをしてくれたひと

あたしは4人の上で
跳ねて飛んで歌って弾いて困らせて笑ってました



スケジュールに知らん間に入ってあった
3月の誕生日ワンマンが終わって
相変わらず呼ばれて飛び出てじゃじゃじゃーん
な、
ライブの日々を過ごしてたところ


ワンマンやらないか、と

BLACK and BLUEのオーナーが言う

あたしはまだまだ収まる気配の無いコロナと
3月のワンマンで拭えない
引け目が少しあったりプライベートが

やりません

と伝えたが、しかし、

あの男なかなかの落とし上手なもんで
真っ直ぐほんとの声で言ってくれたもんで、
そうなるとあたしはいとも簡単なもんで、

散々口説かれたと言ってますが
いや実際そうなんですけども
結果

この猫背で丸まった背中を強く押してくれた

BLACKandBLUEのオーナーでもある
Kato-king兄さん


ありがとう

彼の無垢で無邪気な部分に動かされる人はきっと
あたしだけじゃないはず




ちなみに3月のワンマンの背中を押してくれたのは
石川キャプテン


まったくあたしに暇を与えない愛しい人達め




おかげでふやけずなまけず
鈍らず衰えず生きてます