吸っても吐いても


あらよっと
靴の中がびちょびちょ

雨、雨がいいとやっぱり先日も歌ったよ
ずっと前に作った歌が
大活躍する梅雨
いつの間にか梅雨だったの

雨がいいのは
お布団の中限定なのに
雨がいいのは
お風呂の湯船で聞く雨の音なのに
雨がいいのは
晴れ空がよそよそしいからなのに


靴のびちょびちょは
少し愛せないね

んーん
本当はちっとも愛せない
金魚飼えても愛せない
シーラカンスなら考えてもいいわ



先日は早稲田のリネンでした

aroさんと楽屋で話して
はっとしてまだきゅっとした
お腹いたいよーって
カンボジア帰りのaroさん

小村さんの顔見て安心したりして

やっぱり人は顔と顔を見合わせたい
そっからご挨拶したい

楽屋でフライヤーの絵を描きながら
横でaroさんがギター弾いてて

あれ、
aroさんの歌にそんな歌あったよなあ
妹さんの歌だったかしら
なんて思いながら描き描き

絵を見たaroさんから
「ぶっとんでる!」
とお褒めにおあつかまつりりるるのるー


お久しに会えた方と初めましての
端っこより真ん中に
あたいは歌を歌ってきました
ありがとうございました





ライブをしてます
してきましたずっとしてます


忘れてないよ
むしろ思い入れすぎて遅くなったけど



染谷さんの企画ありがとうございました
そめめこ、そめこ、めめこ
ありがとう

あの子と地元の3人だけが
あたいのことを
ありたんと呼びます


みんなは知らないだろうけど
あたいはあの子のお尻の形を知ってます

一緒にお風呂に入った仲ですからね


みんなは知らないだろうけど
あの子はあの人は
あたいのお尻の柔らかさを知ってます


会うたび胸とお尻を触られます

ぐふふと笑うので
変態です

SNSもやめて
仕事を始めためめこ

きっとこのブログも読んでないので
好きに書いちゃおうね

ぐふふ







いい企画だったなあとしみじみする

36°5は
すごく愛情のある店でした

終わってからお話するとき
あたいが今一番の課題にしてることを
ずばっと当てられて

好きだなあ

何より店長さん
音楽好きなんだなあって



ずばっと言ってくれた
とてもとても感謝します



共演者の方も素晴らしくて
聞きにきてくれた
お客さんもすばらしくて

しっかり聞いてもらえた
もっと聞きたいと言ってもらえた
冥利につきつきするね

どたばたと出てきてしまったこと
少し後悔している

もっとお話したかったな

折角みんなが会わせたいと
噂に聞いてた沼田さんに会えたのに

あなたの音楽が素晴らしかったと
伝えられたかな

受付嬢もかわいかったんよ
受付嬢が可愛い会社は信頼度も高いわ


そうでしょ?
ふふふ





めめこ
げんきかな

ドーナツ食べたんかな
ハルミさんが大好きなハルミさんが
かわいいドーナツくれた
食べながら考えてた

今度いたずら電話してみようかな
一人暮らしするらしいけん
ピンポンダッシュもしよう
めめこのうちで花火もしよう
どかんとでかいやつ
怒られるかな



ぐふふ





たくさんのたくさんの洋服

届きました

ありがとうございます

段ボールに入れながら
きっと見立ててくれたその鮮度
落としたくなくて
早速グリーンのワンピース着て舞台へ

誰かの気持ちって
引き連れていると無敵になれちゃう







森田童子さんが亡くなったってね
あぁそうか
やっぱり人はいつかそうかって
でも
ありがとうだなあ
暖かい孤独をありがとう
でも
会いたかったな


さみしい

そう、さみしいって言葉
滅多にきっとあたい使わないけど
久々に言葉に出すと
あら不思議
そっからどんどん寂しくなってしまった
にっちもさっちも、
いちにもににもさんにも
胸がすーすーする

埋まらないまんまの寂しさを連れて
布団に潜り込んだら

真夜中に外でなにやら工事をしていて
怪獣は喉を鳴らす


眠れるかな
今夜さみしい気持ちにあなたがなってたら
それはあたいも一緒だからね


それでは皆さま

次回

この世のラブソングの配線を
切ってしまいたいくらいよ!


お会いしましょう


おやすみなさい

今夜の寂しさおやすみなさい




○○○○○○○○
次回のライブは
○○○○○○○○○
久々と初めましての4マン

2018.6.14木曜
荻窪club Doctor
開場19:00開演19:30
料金¥2.000/¥2.300(+1d¥500)
Happy hour(Open~Live start) 
+¥1.000→3dチケットGET!!!

嘉義 源太
中村アリー(20:50
コーンカワハラ

スタッフ石川さんが爛々と声掛けてくれた夜、しっかりと

 

 



   

一昨年の1stレコ発ツアー前に編んだマフラー
長過ぎるマフラー
あんまうまく編めなかったマフラー

でもやっぱり手編みはあったかいね


マフラー


を引っ張り出した


外はきっと寒いから

セーターにマフラー

このくらい軽い服装が好きなのに
あと一枚、もうすぐあともう一枚の出番が
すぐそこまで来てるみたい

あなた風邪ひかんでよ



外は晴天、青いなあって見上げて
やっぱりあたしは雨女かもしれんなあって
思った


昨日は単独公演つまりワンマンライブでした

寒い中、雨の中
ご来場ありがとうございました

TIG-HUGSなんてキュートな名前をつけてくれたのは
このワンマンの影の主謀者Kato-kingさん

エレキギターを弾いてくれたひと

バンドのアレンジを鋭い角度で担ってくれたのは
うのしょうじさん

エレキベース弾いてくれたひと

土台でしっかり同じ呼吸で刻んでくれたのは
桜井佑哉さん

ドラムを叩いてくれたひと

横で笑顔で一緒に声をだして華を添えてくれたのは
びりすけさん

コーラスをしてくれたひと

あたしは4人の上で
跳ねて飛んで歌って弾いて困らせて笑ってました



スケジュールに知らん間に入ってあった
3月の誕生日ワンマンが終わって
相変わらず呼ばれて飛び出てじゃじゃじゃーん
な、
ライブの日々を過ごしてたところ


ワンマンやらないか、と

BLACK and BLUEのオーナーが言う

あたしはまだまだ収まる気配の無いコロナと
3月のワンマンで拭えない
引け目が少しあったりプライベートが

やりません

と伝えたが、しかし、

あの男なかなかの落とし上手なもんで
真っ直ぐほんとの声で言ってくれたもんで、
そうなるとあたしはいとも簡単なもんで、

散々口説かれたと言ってますが
いや実際そうなんですけども
結果

この猫背で丸まった背中を強く押してくれた

BLACKandBLUEのオーナーでもある
Kato-king兄さん


ありがとう

彼の無垢で無邪気な部分に動かされる人はきっと
あたしだけじゃないはず




ちなみに3月のワンマンの背中を押してくれたのは
石川キャプテン


まったくあたしに暇を与えない愛しい人達め




おかげでふやけずなまけず
鈍らず衰えず生きてます