カテゴライズ式人生色々


おげんきですか?

あたいはげんきです

ブログは下書きばかりが増えます


ラーメン食べてるだけでこの哀愁
中村アリーです
これ嬉しすぎるやつ(えっへへ
無善寺のあたい
せっかく毎月出てるから新曲かカバーをこれからやっていくつもつもつー
めちゃご無沙汰に会いに聴きに来てくださり胸アツですあちち
先日のいとうよしろうさん企画の一瞬をおさめてもらいました
濃い濃い濃いまた濃い夜
ありがとうございましたpicは
ちらりと横目に見れば嬉しそうに皆んなの演奏を聞いてくれてたひと
脱法(略)高橋さんのツイッターに載せてた写真を勝手に拝借

仙台にずっと応援してくださる方がいらっしゃいまして(のぼーさん)その方に届けーと2人で撮った写真とこの日の出演者さまたち

そしてこの日の西山さんに幾日たてど
励まされてるのはあたくしです

誰かと自分の意見が違っても相手を変えようとは思わない、ただ少し悲しくなる

ってほんとにそうよね大きく頷く夜でした
かっこよかったなあ




道を歩けばkuroiaiueoに当たる
文を重ねてきた
ワンマン、キャンパスいっぱいの愛情でした

彼女のギター時々弾いてます

あたいは我儘だから誰でもいい側にはだれの側にも居たくない
ラーメンマン(たち

今日もあたくしめが健やかであるのは
誰かのおかげです



ありがとう




最近ね帰り道に
成城石井に寄って大好きな大好きな
モーモーチャーチャー


在庫(販売終了になってないか)の
確認をして
手に取って値段見て戻して
今夜はさよなら
モーモーチャーチャーするの


癖とは習慣とはおっかないものよ


でもこのあいだ
生フルーツあんみつ見つけてしまって
次からはこの2種を
つまりは

ずっと食べたいのにってことよ






半日かけて部屋の掃除をした


折角ありつけた休みに
洗濯機を4回回してカーペットも
かばんも服も洗った

外から見たら
とても賑やかな感じで
きっと派手な人が住んでると思うわ

明るいことはいいことよ


フローリングの傷は今日までの
あたいの生活で
レトルトパウチの食料は
いつかのあたいのご飯になるの

驚いたのは
缶詰が沢山あること

驚いたのは
パスタの麺が3袋あること


あたしゃイタリア人かーい
って言いながら
綺麗になってく部屋がまた愛しい


あたいの物しか無くなって
あたいが自分で選んだものばかりの
小さな部屋

誰かがプレゼントしてくれたものたち
小さな部屋



庭がいつの間にか無くなってたの

いつかそこに花の種を植えたのに


そのうちきっとすぐ
この部屋を出て行く日が来るのね

今より大事なところ
見つけられるかしら
今より大事にできるかしら



六月がハロー


残り今月9本あります

ステージに立ってると
ここにいても良いと思えるから

やみつきよ








染谷めめこの企画が
素晴らしいを予感させてます

初幡ヶ谷
染谷のめめめこが誘ってくれた大事な日

6月7日木曜
36°5&染谷芽依共同企画 
『熱心 vol.18』

幡ヶ谷36°5

開場18:30 開演19:00
¥2000(1D別)
染谷芽依
中村アリー(20:10-
沼田謙二朗
ガジュマル
やってもーたろ!


の、前に

6月6(水) 新松戸FIREBIRD
”FREAK FLAG SHOW”

システム、オール、グリーン 
グッナイ小形 
關 伊佐央 
アンナマレェ 
中村アリー 
ハイジ 
日比谷カタン
6月沢山歌わせてもらえる
集中していきたい
よろしくねありがとう

 

 



   

一昨年の1stレコ発ツアー前に編んだマフラー
長過ぎるマフラー
あんまうまく編めなかったマフラー

でもやっぱり手編みはあったかいね


マフラー


を引っ張り出した


外はきっと寒いから

セーターにマフラー

このくらい軽い服装が好きなのに
あと一枚、もうすぐあともう一枚の出番が
すぐそこまで来てるみたい

あなた風邪ひかんでよ



外は晴天、青いなあって見上げて
やっぱりあたしは雨女かもしれんなあって
思った


昨日は単独公演つまりワンマンライブでした

寒い中、雨の中
ご来場ありがとうございました

TIG-HUGSなんてキュートな名前をつけてくれたのは
このワンマンの影の主謀者Kato-kingさん

エレキギターを弾いてくれたひと

バンドのアレンジを鋭い角度で担ってくれたのは
うのしょうじさん

エレキベース弾いてくれたひと

土台でしっかり同じ呼吸で刻んでくれたのは
桜井佑哉さん

ドラムを叩いてくれたひと

横で笑顔で一緒に声をだして華を添えてくれたのは
びりすけさん

コーラスをしてくれたひと

あたしは4人の上で
跳ねて飛んで歌って弾いて困らせて笑ってました



スケジュールに知らん間に入ってあった
3月の誕生日ワンマンが終わって
相変わらず呼ばれて飛び出てじゃじゃじゃーん
な、
ライブの日々を過ごしてたところ


ワンマンやらないか、と

BLACK and BLUEのオーナーが言う

あたしはまだまだ収まる気配の無いコロナと
3月のワンマンで拭えない
引け目が少しあったりプライベートが

やりません

と伝えたが、しかし、

あの男なかなかの落とし上手なもんで
真っ直ぐほんとの声で言ってくれたもんで、
そうなるとあたしはいとも簡単なもんで、

散々口説かれたと言ってますが
いや実際そうなんですけども
結果

この猫背で丸まった背中を強く押してくれた

BLACKandBLUEのオーナーでもある
Kato-king兄さん


ありがとう

彼の無垢で無邪気な部分に動かされる人はきっと
あたしだけじゃないはず




ちなみに3月のワンマンの背中を押してくれたのは
石川キャプテン


まったくあたしに暇を与えない愛しい人達め




おかげでふやけずなまけず
鈍らず衰えず生きてます