たまにはちゃんとするブログ



明日の夜が待ち遠しいです



ライブの前はいつも待ち遠しくてもう来なくていいような気持ちになる


それは終わった後の寂しい気持ちを考えちゃうからかもしれませんの




日々ぎゃーぎゃー過ごしてたらもうギター背負う背中に汗かく季節になってることに驚いてくしゃみした

花粉症だけ置いてけぼりにしてる気がする

花粉症も連れて夏に向かってほしい、、むしろ消滅してほしい(闇)




昨日の昼時に自分の歌(ライブ録音)にエレキギターを人様に入れていただいた音源が届いて

テンポなんて無視された自分のライブでの歌にばっちりな所で素晴らしいギターが入ってることにすごい、なんだこりゃ、となって


おお、大変、歌が生きてるまるで生きてる!


ってなって


なんていい曲なんだってなりました

自分の曲ですが、へへん。


なにより


音源が送られて来た時

待ちきれなくて隠れてこっそりこそこそ開いて

そのときのドキドキ感はとても純粋なものに思えて

なんだかおかしかった


子供みたいだなあ


おかしくて笑ってしまいながら

送られて来た音源のあまりの素晴らしさに泣けちゃって、それは自分の気持ちが相手に伝わってギターの音になってそれがとても嬉しかったから


道行くサラリーマンと目が合いながら

ひとりで随分と楽しい昼を過ごしてました


こんなに嬉しいことを

あのサラリーマンに伝えてあげられないなんて

残念ね、ふふふのふー


あたいの持ち合わせてるあらゆる感情で1番綺麗なものは

音楽が好きって気持ち、たぶんね


春、あしたまで、春、そうゆうことにしてもらって明日は企画です


お世話になっている荻窪Doctor's barにて

あたくしからは片山さゆ里さん、グッナイ小形さんをお呼びいたしました。


2人とも今を確実に進んで歌うシンガーで

人間が溢れてしまっています

大好きです


kuroi aiueoちゃんが呼んでくれた

にたないけんさん、バーレスクの人とゆめさん


明日の初めましてが楽しみのお二人、

きっと絶対素晴らしい


kuroi aiueoちゃんの歌はまるで情景です

浮かぶとかじゃない、彼女はステージの額の中に現れるの


もちろん中村アリーも素晴らしいです


kuroiaiueoちゃんと何回も何回も練り直したタイムスケジュールに意味もちゃんとあります

素晴らしい夜にしましょう





4/22(日)西荻窪Doctor's bar

中村アリー×kuroi aiueo共同企画

「心のうち、または春」

open/start  18:30/19:00

¥2000+1D


①19:00-19:30  kuroi aiueo

②19:35-20:05  グッナイ小形

③20:10-20:40  片山さゆ里


④20:45-21:00  人とゆめ


⑤21:05-21:35 にたないけん

⑥21:40-22:10  中村アリー


ご期待くださいませほんとにええ


 

 



   

一昨年の1stレコ発ツアー前に編んだマフラー
長過ぎるマフラー
あんまうまく編めなかったマフラー

でもやっぱり手編みはあったかいね


マフラー


を引っ張り出した


外はきっと寒いから

セーターにマフラー

このくらい軽い服装が好きなのに
あと一枚、もうすぐあともう一枚の出番が
すぐそこまで来てるみたい

あなた風邪ひかんでよ



外は晴天、青いなあって見上げて
やっぱりあたしは雨女かもしれんなあって
思った


昨日は単独公演つまりワンマンライブでした

寒い中、雨の中
ご来場ありがとうございました

TIG-HUGSなんてキュートな名前をつけてくれたのは
このワンマンの影の主謀者Kato-kingさん

エレキギターを弾いてくれたひと

バンドのアレンジを鋭い角度で担ってくれたのは
うのしょうじさん

エレキベース弾いてくれたひと

土台でしっかり同じ呼吸で刻んでくれたのは
桜井佑哉さん

ドラムを叩いてくれたひと

横で笑顔で一緒に声をだして華を添えてくれたのは
びりすけさん

コーラスをしてくれたひと

あたしは4人の上で
跳ねて飛んで歌って弾いて困らせて笑ってました



スケジュールに知らん間に入ってあった
3月の誕生日ワンマンが終わって
相変わらず呼ばれて飛び出てじゃじゃじゃーん
な、
ライブの日々を過ごしてたところ


ワンマンやらないか、と

BLACK and BLUEのオーナーが言う

あたしはまだまだ収まる気配の無いコロナと
3月のワンマンで拭えない
引け目が少しあったりプライベートが

やりません

と伝えたが、しかし、

あの男なかなかの落とし上手なもんで
真っ直ぐほんとの声で言ってくれたもんで、
そうなるとあたしはいとも簡単なもんで、

散々口説かれたと言ってますが
いや実際そうなんですけども
結果

この猫背で丸まった背中を強く押してくれた

BLACKandBLUEのオーナーでもある
Kato-king兄さん


ありがとう

彼の無垢で無邪気な部分に動かされる人はきっと
あたしだけじゃないはず




ちなみに3月のワンマンの背中を押してくれたのは
石川キャプテン


まったくあたしに暇を与えない愛しい人達め




おかげでふやけずなまけず
鈍らず衰えず生きてます