言の葉脈がつまっている


ひんまがりがたりない




上出来です

ご覧ください
まるで
性格のひんまがりが比例してるかのよう


あ、あたいか


ふふふ





亀有KIDBOXでした

楽器を使わん日

ありがとうございました
企画を決めてからドキドキしてた



演者は

kuroi aiueo
文を重ねる。
中村アリー
村男



おもちゃ箱の中みたいで

ねじまき式のあたいは
ねじをあぁねじを


みんなそれぞれの
言葉とリズムを持っていて

からだひとつでみんな来た
1人だけホウキ持ってきたけど


裸でした
暴かれたに近いかもね
言葉の羅列にひとを見た

とても良い夜でした


あたいはやりたかったことの
8割を持ち帰ってしまったの

悔しい夜はあるんです





いつも
はいりさん(ギター)と一緒だから
いつも
時間があるとはいりさんと話すから
時間の手持ち無沙汰が
亀有散歩


知らない街でした
迷子になりました
お巡りさんに道を聞きました


見かけた古着屋で服を買って

服に合うピアスも探した

そうして飾られるあたいのからだ




貼り付けまゆげ

眉毛太くすればいいとおもてー!


さとちゃん、と言えば
あたいの幼なじみのさとちゃんは

この春から県外に栄転したそうです



二十歳くらいで結婚して
結婚してたより長い時間をかけて離婚して
就職して栄転して


前の彼氏には

ぶっちぶちにふられたちあーーー!


って言ってたさとちゃん


さとちゃん、

ぶっちぶちて、ぶっちぶちて笑
それどんな状態なんよ
なにしたんよ笑

電話口で2人大きく笑って
彼女の未来の幸福を誰かに託しました


そういやどうなん?って聞くと


ちょっと聞いて!!
あたしどうも来年モテ期らしいのよ!



って嬉しそうなさとちゃん
ぶっちぶちのさとちゃん

占いを信じる乙女心を忘れない



どこに行っても浮いてしまってる
と寂しそうに言ってたさとちゃん


それはあなたがそれくらい
特別な人間だからよ
忘れないでさとちゃん


ってかよー
あんたの日記ときどき井戸の中ちあー


って

根暗を指摘してくるさとちゃん


ここを読んでる皆様に託けは?
と聞くと


断捨離まじやべー


とのことでした


皆様の心に届きますように



ちなみに彼女、
その昔かっこいいドラマーでした
一緒にバンドしてたんよ
彼女のドラムは今思っても
最高でした


あいたくなっちまった













すみさん
亀有KIDBOXオーナー

誕生日おめでとうございます

いつもいつも
たくさんとても
ありがとうございます

すみさんも演者の1人になる
不思議な箱、KIDBOX








あたくしめが
何者かを知ってくれる人



大事なことは歌に込めてきた




それぞれ、の、
それぞれ、







次回中村アリー公演は
4月17日
三軒茶屋ヘブンスドア


初めて出るひとりのヘブンス
出番が1番手


4月17日
三軒茶屋ヘブンスドア

開場18:30開演19:00
料金2000円当日2300円

中村アリー(19:00-
コトナシソ
おーたけ@じぇーむず
アスカトタケシ
イノウエヒロミチ


ぎゃお!





kuroiaiueo/タイトルなににしましょう

アリー/心中お察ししますは?



から

色々あって
無事


心のうち、または春

とつけました


1人じゃなくてよかったわ笑



 

 



   

一昨年の1stレコ発ツアー前に編んだマフラー
長過ぎるマフラー
あんまうまく編めなかったマフラー

でもやっぱり手編みはあったかいね


マフラー


を引っ張り出した


外はきっと寒いから

セーターにマフラー

このくらい軽い服装が好きなのに
あと一枚、もうすぐあともう一枚の出番が
すぐそこまで来てるみたい

あなた風邪ひかんでよ



外は晴天、青いなあって見上げて
やっぱりあたしは雨女かもしれんなあって
思った


昨日は単独公演つまりワンマンライブでした

寒い中、雨の中
ご来場ありがとうございました

TIG-HUGSなんてキュートな名前をつけてくれたのは
このワンマンの影の主謀者Kato-kingさん

エレキギターを弾いてくれたひと

バンドのアレンジを鋭い角度で担ってくれたのは
うのしょうじさん

エレキベース弾いてくれたひと

土台でしっかり同じ呼吸で刻んでくれたのは
桜井佑哉さん

ドラムを叩いてくれたひと

横で笑顔で一緒に声をだして華を添えてくれたのは
びりすけさん

コーラスをしてくれたひと

あたしは4人の上で
跳ねて飛んで歌って弾いて困らせて笑ってました



スケジュールに知らん間に入ってあった
3月の誕生日ワンマンが終わって
相変わらず呼ばれて飛び出てじゃじゃじゃーん
な、
ライブの日々を過ごしてたところ


ワンマンやらないか、と

BLACK and BLUEのオーナーが言う

あたしはまだまだ収まる気配の無いコロナと
3月のワンマンで拭えない
引け目が少しあったりプライベートが

やりません

と伝えたが、しかし、

あの男なかなかの落とし上手なもんで
真っ直ぐほんとの声で言ってくれたもんで、
そうなるとあたしはいとも簡単なもんで、

散々口説かれたと言ってますが
いや実際そうなんですけども
結果

この猫背で丸まった背中を強く押してくれた

BLACKandBLUEのオーナーでもある
Kato-king兄さん


ありがとう

彼の無垢で無邪気な部分に動かされる人はきっと
あたしだけじゃないはず




ちなみに3月のワンマンの背中を押してくれたのは
石川キャプテン


まったくあたしに暇を与えない愛しい人達め




おかげでふやけずなまけず
鈍らず衰えず生きてます