君はあたしを置いて1人でタイムスリップ








字列が気になる



急なチープ感




「愛の日々」

無善菩薩
ヒロセサキ
高橋咲希
中村アリー
高円寺の飢えた狼
中前適時打



無力無善寺レギュラーでした


春がきてるので
このレギュラーももう4年目
あれ5年目?


踏むと沈む木の板と
穴ぼこのソファと
壁一面に貼られた
自称ありがたいお言葉



あたいはね

全部たぬきの仕業だ



一番好きだったのよ

もうないみたいだけど

おぐまゆきさんが
中前適時打として
無善寺に帰って来たよ


旅をしながら歌うおぐまさんは
見る度に旅人感を増していて
それはとてもかっこいい


うたとたびをする
ほんとに憧れてしまうね


初めておぐまさんみたのも無善寺

そっから東高円寺の
カットゥーとゆうお店に
出してもらえるきっかけもいただいて
あれよこれよと今があるの

ほんとに未熟な時を知ってくれてる
大事なひと、すきなひと






この夜
歌う一音目を口から出した時 

やっぱり自分の声が好きだなあ
なんて思った



喋る声が好きだよ
歌う声が好きだよ
君の声が好きだよ



そう言ってくれた人の分くらいは
愛してやりたいこの声

遺伝子と生活にまみれた
あたいのからだひとつの
声、誰にもあげられないわ







動画がひとつ届きました


それはそれは
愕然と呆然としてた昼から
ニュートラルになりすぎた心の夜



加えて

泣いた、なんていい曲なんだ
これで泣かなきゃ絶交だぞ!


なんておっかない文を添えられて


開けばまさかのあたいの歌で

自分の歌で泣くかいなと思ってたのに
わんわんと泣いてしまった


でも
ぐっちゃぐちゃになってく顔が
おかしくて
笑っちゃった






歌詞間違えとるけん
公開しないでって言ったけど

そんな小せえこと言うな!


と叱られてしまったので笑


見ていただけたら嬉しいなあ





人や物事と向き合うことに
いっぱいぽいぺいで

自分と向き合うことを
忘れてしまってた

あたいらしくない
が満ち満ちしてて

誰かの言葉で  

どんっとして

中村アリー零号機
完全に沈黙



そら自分の気持ちを
後回しにし過ぎて
誰かの立場や気持ちばかり考えてたら

あたいの気持ちなんて
人にもほっとかれてしまうわね



     この世にちゃんと存在してると
わかる時はいつも誰かと関わるとき



高円寺U-ha
3月6日(火)

内山美幸
MAGENTA RODEO
中村アリー




ウーハの夜はいつも
満ち満ちとしてる

扉開けたらカレーの匂い

お財布を攻める愛の割合が多い為
この夜は食べれんかた涙


たっぷりと歌を聞いたり歌ったり
ずっしりと堪能できる夜










日本中を旅しながら
東京に戻ってきたマセットさん

東京に戻ってきたら
聴きにきてくれる

突然やってきては
いつもあたいを驚かすの


春がちゃんと来たらパリに帰るんだって
さみしいね


日本語学校は?って聞いたら
難しいから辞めたってさ笑



会う度日本語が上手になってく
あたいは母国語だって
ままならないのに

唯一聞き取れる言葉たちで
話すあたいたちの会話は
周りから見るとまどろっこしいだろうな



ふふふ


ありがとう
ありがとうございます







お風呂に入って本を読むのが好き


男女間の友情がありえないと
考える人は
友情そのものを綺麗にとらえすぎている

友情とゆうのは
親密感とヤキモチとエロと依存心を
ミキサーにかけて作るものだ


言葉を読んで考えてたら

タイミングばっちりに携帯が鳴った


その後どう?


大丈夫だよ
ありがとう

あたいがかけた心配は
いちご大福で許してもらえそうです



ところでやっぱり
ミキサーにかけたのかしら




公園のベンチ横座るひと
コンビニの店員
お姉さん落としましたよ
あらありがとう
好きです嫌いです
さよならこんにちは

人と関わると
どんなところにも物語はできちゃう

近くに居る人なら尚更
物語の濃度は濃くなるし
それを差し置いてその向こうを
温めることなんて
あたいにはできない
指からビームも出せない


会ったことないひとのことを
先には考えれない



争いを避けたいが為に
柔らかく乗り過ごしたとて
また違う争いが起きてたんじゃ
世界はちーとも平和にならん訳よ





それでも
うたう

誰があたいを好きでも嫌いでも

うたうだけです
そんな命の使い方です

横浜につきました

音小屋です

横浜にも聴きに来てくれるひと
できるかな

がんばほ。

 

 



   

一昨年の1stレコ発ツアー前に編んだマフラー
長過ぎるマフラー
あんまうまく編めなかったマフラー

でもやっぱり手編みはあったかいね


マフラー


を引っ張り出した


外はきっと寒いから

セーターにマフラー

このくらい軽い服装が好きなのに
あと一枚、もうすぐあともう一枚の出番が
すぐそこまで来てるみたい

あなた風邪ひかんでよ



外は晴天、青いなあって見上げて
やっぱりあたしは雨女かもしれんなあって
思った


昨日は単独公演つまりワンマンライブでした

寒い中、雨の中
ご来場ありがとうございました

TIG-HUGSなんてキュートな名前をつけてくれたのは
このワンマンの影の主謀者Kato-kingさん

エレキギターを弾いてくれたひと

バンドのアレンジを鋭い角度で担ってくれたのは
うのしょうじさん

エレキベース弾いてくれたひと

土台でしっかり同じ呼吸で刻んでくれたのは
桜井佑哉さん

ドラムを叩いてくれたひと

横で笑顔で一緒に声をだして華を添えてくれたのは
びりすけさん

コーラスをしてくれたひと

あたしは4人の上で
跳ねて飛んで歌って弾いて困らせて笑ってました



スケジュールに知らん間に入ってあった
3月の誕生日ワンマンが終わって
相変わらず呼ばれて飛び出てじゃじゃじゃーん
な、
ライブの日々を過ごしてたところ


ワンマンやらないか、と

BLACK and BLUEのオーナーが言う

あたしはまだまだ収まる気配の無いコロナと
3月のワンマンで拭えない
引け目が少しあったりプライベートが

やりません

と伝えたが、しかし、

あの男なかなかの落とし上手なもんで
真っ直ぐほんとの声で言ってくれたもんで、
そうなるとあたしはいとも簡単なもんで、

散々口説かれたと言ってますが
いや実際そうなんですけども
結果

この猫背で丸まった背中を強く押してくれた

BLACKandBLUEのオーナーでもある
Kato-king兄さん


ありがとう

彼の無垢で無邪気な部分に動かされる人はきっと
あたしだけじゃないはず




ちなみに3月のワンマンの背中を押してくれたのは
石川キャプテン


まったくあたしに暇を与えない愛しい人達め




おかげでふやけずなまけず
鈍らず衰えず生きてます