寒がり恋しや




去年の冬は
どうやって過ごしてたのかしら

まるで寝袋みたいに
からだに布団を巻きつけて

ぐるぐる巻き


まるで金太郎飴のきぶんよ

切っても切っても中村よ

どこからともなく中村よ

呼ばれて飛び出ない中村よ


中村は
切っても切っても切れない縁を思う




あれこの気持ちなんて名前かしら


そんなことをお風呂で考えていたら

何故だか泣けて来た

おかしい

しゃがんでも浴びても
立ってもあがっても

嗚咽が止まらなくなった





久しぶりとゆうか
初めてクチにした言葉がひとつ


自分のくちから自分の耳にしか届かない
そんな排水溝行きの言葉


ボディソープがなくなったこと
歯磨き粉があと少しなこと

あしたまで覚えてられるかしら



訃報のハガキが一枚

なんで気付いてあげられなかった




そんな事を思えど
時すでにおそしそし


無くさないと気付かないのか
無くなると大袈裟になるのか

騒ぎ立てるな心よ






ギターのメンテナンスを少し
SG

新しい弦を張ったよ

あしたはアープンクッカの最後のリハ


アープンクッカと
弾き語りと
どっちが本命なの?って
聞かれること多すぎて

どっちも本命です

欲張りなのよ




中村アリーが居ればそれはどこでも
中村アリーだよ

って言ってくれた人の声のトーンを
思い出す


よる、

よるはやっかいなの

まるで地平線よ
まるで崖の淵


自分の不安を相手にぶつけて
巻き込み大事故の大惨事



あたいとあなたが
これほどまでに違うことが
これほどまでに素晴らしいのに

時々一ミリの隙間もなく
同化したくなる


それはまるで片割れ

ヘドウィックじゃあるまいし

あたいには
アングリーなインチは付いてない


なのに

あまりにも寒すぎるから
ちっとも眠れない




あなたってゆうのは
あたい以外のあなた



ぐるぐるぐるぐる




おやすみおはよう

良き日を

 

 



   

一昨年の1stレコ発ツアー前に編んだマフラー
長過ぎるマフラー
あんまうまく編めなかったマフラー

でもやっぱり手編みはあったかいね


マフラー


を引っ張り出した


外はきっと寒いから

セーターにマフラー

このくらい軽い服装が好きなのに
あと一枚、もうすぐあともう一枚の出番が
すぐそこまで来てるみたい

あなた風邪ひかんでよ



外は晴天、青いなあって見上げて
やっぱりあたしは雨女かもしれんなあって
思った


昨日は単独公演つまりワンマンライブでした

寒い中、雨の中
ご来場ありがとうございました

TIG-HUGSなんてキュートな名前をつけてくれたのは
このワンマンの影の主謀者Kato-kingさん

エレキギターを弾いてくれたひと

バンドのアレンジを鋭い角度で担ってくれたのは
うのしょうじさん

エレキベース弾いてくれたひと

土台でしっかり同じ呼吸で刻んでくれたのは
桜井佑哉さん

ドラムを叩いてくれたひと

横で笑顔で一緒に声をだして華を添えてくれたのは
びりすけさん

コーラスをしてくれたひと

あたしは4人の上で
跳ねて飛んで歌って弾いて困らせて笑ってました



スケジュールに知らん間に入ってあった
3月の誕生日ワンマンが終わって
相変わらず呼ばれて飛び出てじゃじゃじゃーん
な、
ライブの日々を過ごしてたところ


ワンマンやらないか、と

BLACK and BLUEのオーナーが言う

あたしはまだまだ収まる気配の無いコロナと
3月のワンマンで拭えない
引け目が少しあったりプライベートが

やりません

と伝えたが、しかし、

あの男なかなかの落とし上手なもんで
真っ直ぐほんとの声で言ってくれたもんで、
そうなるとあたしはいとも簡単なもんで、

散々口説かれたと言ってますが
いや実際そうなんですけども
結果

この猫背で丸まった背中を強く押してくれた

BLACKandBLUEのオーナーでもある
Kato-king兄さん


ありがとう

彼の無垢で無邪気な部分に動かされる人はきっと
あたしだけじゃないはず




ちなみに3月のワンマンの背中を押してくれたのは
石川キャプテン


まったくあたしに暇を与えない愛しい人達め




おかげでふやけずなまけず
鈍らず衰えず生きてます