しろとくろとあたいはぐれーを




レコーディング用に
用意してたけんばんを

たたきわりそうな夜中

そらそうよ
音のルールがなんとなくわかっていても
やっぱりやり続けて来た人とは
大きく違う

ギターの音色とは違う


触ればわかるけど
わからない悔しいわ


なんか今日のシャワー湯が熱いわね
そうですねたしかに熱いです

なんて知らん婆さんと銭湯で温めた
体が刻々と冷えてきて

部屋中の物を
全部全部捨ててしまいたいくらい
いつもそう
極端なの

ギターが弾けないのが
ほんとにあれなの(弱音を潰す)


鍵盤を触りながら
小さい時のこと思い出した
まだ身長が100センチもなかったころ

課題曲なんて弾きたくなくて
みんなが弾けるやつがやりたかったの



ねこふんじゃった


教えてって先生に言ったら
そんなのは弾けなくていいから
発表会の練習しましょうって


しかたないから家で弾いたら
そんなの弾けなくていい
って母は叱って


インディアンの踊りが
課題曲だった

キーボードの線はよく断線した


ピアノ教室の
行き道帰り道


自転車に乗った男

知らない男の人

いつからかいつも付いてきて

先生に言ったら

気のせいでしょ

っていわれたこと



その頃から一人で遊ぶ達人のあたいは
泥団子片手にお気に入りの
コンクリートチェアーに座って
ドロップ(缶)をかしゃかしゃ鳴らす


おとこのひとがきた

自転車を停めて


こっちに近づいて来た


いつも付いてくる人だって
すぐわかったの


目の前まできて
のぞきこんできた


純真無垢のあたいは
きっとドロップが欲しいんだわって


「たべる?」


って聞いたら


おとこのひと
首を横に振って

何も言わずに去ってった


その日からもう見てないの


今考えれば
なんだか背筋がぞっとする

アリー少女は
無事に大人になりました



辞めたいとも言わなかった
練習なんかしたくなかった
弾きたいものがなかった


大きなマンションの1F


ヤマハピアノ教室のグランドピアノ
壁の白さと
いかにも、な先生
待合室の花瓶


もうちょっと頑張ってれば良かったな




かつてのアリー少女は思いました



今なら楽しく弾けそうね




明日はやっぱりからだひとつで



もう眠るんだ

朝が来る

あしたは可愛い服を着るんだ



     中野セントラルパーク
出番は14:30から

入場無料
です

 

 



   

一昨年の1stレコ発ツアー前に編んだマフラー
長過ぎるマフラー
あんまうまく編めなかったマフラー

でもやっぱり手編みはあったかいね


マフラー


を引っ張り出した


外はきっと寒いから

セーターにマフラー

このくらい軽い服装が好きなのに
あと一枚、もうすぐあともう一枚の出番が
すぐそこまで来てるみたい

あなた風邪ひかんでよ



外は晴天、青いなあって見上げて
やっぱりあたしは雨女かもしれんなあって
思った


昨日は単独公演つまりワンマンライブでした

寒い中、雨の中
ご来場ありがとうございました

TIG-HUGSなんてキュートな名前をつけてくれたのは
このワンマンの影の主謀者Kato-kingさん

エレキギターを弾いてくれたひと

バンドのアレンジを鋭い角度で担ってくれたのは
うのしょうじさん

エレキベース弾いてくれたひと

土台でしっかり同じ呼吸で刻んでくれたのは
桜井佑哉さん

ドラムを叩いてくれたひと

横で笑顔で一緒に声をだして華を添えてくれたのは
びりすけさん

コーラスをしてくれたひと

あたしは4人の上で
跳ねて飛んで歌って弾いて困らせて笑ってました



スケジュールに知らん間に入ってあった
3月の誕生日ワンマンが終わって
相変わらず呼ばれて飛び出てじゃじゃじゃーん
な、
ライブの日々を過ごしてたところ


ワンマンやらないか、と

BLACK and BLUEのオーナーが言う

あたしはまだまだ収まる気配の無いコロナと
3月のワンマンで拭えない
引け目が少しあったりプライベートが

やりません

と伝えたが、しかし、

あの男なかなかの落とし上手なもんで
真っ直ぐほんとの声で言ってくれたもんで、
そうなるとあたしはいとも簡単なもんで、

散々口説かれたと言ってますが
いや実際そうなんですけども
結果

この猫背で丸まった背中を強く押してくれた

BLACKandBLUEのオーナーでもある
Kato-king兄さん


ありがとう

彼の無垢で無邪気な部分に動かされる人はきっと
あたしだけじゃないはず




ちなみに3月のワンマンの背中を押してくれたのは
石川キャプテン


まったくあたしに暇を与えない愛しい人達め




おかげでふやけずなまけず
鈍らず衰えず生きてます