好きジャム

下がりました

 

 

 

みんな風邪っぴきなんね

 

気をつけて

 

今年の風邪は

 

 

 

 

 

 

心から!

 

 

ご自愛ください

同じもの

 

もう10年は同じお香

 

一日の始めと

一日の終わりに

 

部屋中

 

もくもく

 

時々

 

帰ってきたら

 

玄関ドアの外

 

届く匂い

 

安心するひとつよ

 

 

ずっと同じものにこだわる癖

 

思い出の中で生きる人もいれば

 

思い出を置いて生きる人もいる

 

手に取れないところが

戻れないところが

 

 

思い出の憎いとこ

 

私、花なら良かったわ

 

水を与えてとせがむだけ

 

私、花なら良かったわ

綺麗ね可憐ねと

褒められるだけ

 

 

そんな歌を

 

昔作ったことがあるの

 

でも

 

花にクチはないので

 

あ、ってなって封印

眉毛

 

ビョークみたいに

オードリーみたいに

UAみたいに

 

太くたくましい眉毛

 

欲しくて

 

ずっともっさり生やしてた

 

でもカミソリひとつで

 

こだわりなんて

 

排水溝へ

 

 

 

去年の話

 

 

 

変わりたかった

 

 

 

 

眉毛で変わるかー!

 

って言われたけど

 

変わったわよ

 

人相が

 

 

 

 

 

一生懸命

 

 

 

 

を売ってるわけじゃない

 

あたいの

持ち合わせは歌だけ

 

万人に受けるわけでもない

 

100年後には

 

なくなっている

 

かもしれない

 

今作る作っている作ってきた

 

歌だけ

 

 

歌だけ

 

 

それだけ

 

他に

 

あげられるものなどないのよ

 

 

 

誰かの日常にお邪魔させてもらってる

 

歌でお邪魔させてもらっている

 

 

誰かの心に届いた時

 

 

あたいね

少し誇らしくなっちゃう

 

あぁ良かった

 

君のこと知らないけど

 

何が悲しくて

何が嬉しくて

何があったのなんて

 

ひとつも知らんけど

 

少し少しだけ

 

悲しいを嬉しいを

半分にできたような

 

知らん誰かと

 

分かり合えたような

 

そんな気持ちになる

 

それはもうずっと

 

かわらない

 

変わらないわ

 

いつも服装が違う

 

と言われれど

 

顔はひとつしかないし

替えの体は無くて

喉もひとつ

 

 

 

 

手に取れんでも

目に見えんでも

 

感触は知っている

 

誰かに届いた

 

感触は

 

知っている

 

それだけ

 

そんなことを

 

 

ずっと続けているわ

 

 

 

 

 

ようこそ

 

 

 

左の子は新しい子

 

かわいい子

 

あんまぁい匂いがするの

 

見つけてくれて

ありがとととと

 

って

 

おっしゃってます

 

 

 

 

 

 

 

 





ジャムは

砂糖を入れて煮詰める

ジャムは

少しづつ砂糖を入れて

煮詰めるの


あの人
くれた
ジャム
ほんとに
おいしかった

 

 



   

一昨年の1stレコ発ツアー前に編んだマフラー
長過ぎるマフラー
あんまうまく編めなかったマフラー

でもやっぱり手編みはあったかいね


マフラー


を引っ張り出した


外はきっと寒いから

セーターにマフラー

このくらい軽い服装が好きなのに
あと一枚、もうすぐあともう一枚の出番が
すぐそこまで来てるみたい

あなた風邪ひかんでよ



外は晴天、青いなあって見上げて
やっぱりあたしは雨女かもしれんなあって
思った


昨日は単独公演つまりワンマンライブでした

寒い中、雨の中
ご来場ありがとうございました

TIG-HUGSなんてキュートな名前をつけてくれたのは
このワンマンの影の主謀者Kato-kingさん

エレキギターを弾いてくれたひと

バンドのアレンジを鋭い角度で担ってくれたのは
うのしょうじさん

エレキベース弾いてくれたひと

土台でしっかり同じ呼吸で刻んでくれたのは
桜井佑哉さん

ドラムを叩いてくれたひと

横で笑顔で一緒に声をだして華を添えてくれたのは
びりすけさん

コーラスをしてくれたひと

あたしは4人の上で
跳ねて飛んで歌って弾いて困らせて笑ってました



スケジュールに知らん間に入ってあった
3月の誕生日ワンマンが終わって
相変わらず呼ばれて飛び出てじゃじゃじゃーん
な、
ライブの日々を過ごしてたところ


ワンマンやらないか、と

BLACK and BLUEのオーナーが言う

あたしはまだまだ収まる気配の無いコロナと
3月のワンマンで拭えない
引け目が少しあったりプライベートが

やりません

と伝えたが、しかし、

あの男なかなかの落とし上手なもんで
真っ直ぐほんとの声で言ってくれたもんで、
そうなるとあたしはいとも簡単なもんで、

散々口説かれたと言ってますが
いや実際そうなんですけども
結果

この猫背で丸まった背中を強く押してくれた

BLACKandBLUEのオーナーでもある
Kato-king兄さん


ありがとう

彼の無垢で無邪気な部分に動かされる人はきっと
あたしだけじゃないはず




ちなみに3月のワンマンの背中を押してくれたのは
石川キャプテン


まったくあたしに暇を与えない愛しい人達め




おかげでふやけずなまけず
鈍らず衰えず生きてます