豊かである証明



空がもうすっかり夏の色をしていること

その堂々たるやたるたるや

まだ蝉の声は聞いてないけど

太陽が随分うるさいね

火もまた涼しと言うほどに
心頭を滅却できない


このまま暑さが跳ねたら
干物になるつもりです
湯に潜らせてお使いください





み子ちゃんありがとう





ぼっちゃんかぼちゃは
オーブンで40分ですって


法師ついにボケたかと思ったけど
通常運転でした


サンキューの一言も
本物の英語の中には言えない

でもね

ありがとうと言えば
アリガトウ!と返ってきた
それも沢山真上から降って来た



今なら言える



いえーいさんきゅぅー!





法師が日本代表でいってこいと言うので
赤い口紅に塗り直して
終わったら久々に法師が褒めてくれた

あとね
お客さんがMCを訳してくれたりしたの

あたいは久々に固くなったなあと反省

音楽が越えるものを信じてるのに
通じないに怖気付いたら
だめ、だめよ、ぱんち


でも
ありがとうございました

異国の人で沢山埋まった無善寺は

なんの違和感もなかったの

むしろいつもよりもいつもの光景

無善寺はやっぱり不思議
異国ね、異国よ

来月もよろしくお願いします



心配して連絡してくれたひとがいました
ありがとうございます


あたいだけでもそれなりに
充分心配かけてしまってるのに
あたいの家族や親戚まで
心配してくれたんね

嬉しかった

ほんとにありがとうございます



岡山愛媛高知茨城
なんだかすごく心配になって
あちこちに連絡した


みんな無事だった
浸水とかあれど身体は無事だよって

結婚した友達たちからの
成長した子供の写真付きの返事
元気つけられたのはこちらの方
ありがとうね

あとは彼氏が浮気しとるかも
って言ってる子も居たの
これは無事な、のかな、

ふふふ

それはもう問い詰めてしばいとき












テレビのニュース
大きく崩れた土砂とか茶色の水

記憶の曖昧な隅の方
ホームセンターの屋上まで浸かってた


愛媛には婆さんがいる
いとこもいる



小さい体と曲がりすぎた腰に
もんぺと頭にタオル


日本家屋の立派な家


きっと
仕方のないことばかり
増やしてくね


死亡者数が毎日増える度に
あたいのどこかがびびる












しーちゃん画伯
(チェロリスト)

ありがとう♡



レコーディング試し撮りしてきました

いい環境に居れることの喜び
きっとこのままここでお世話になります
いや、お願いします何卒

エンジニアさんが
強面だったらどうしようとか
うまく喋れんに拍車がかかったら
どうしようとか考えてたけど

扉開けたら柔らかい笑顔
良かった嬉しい



さぁライブがありますよ

よろしくお願いします


あたい以外全員パンク

ヘブンス枠で出演します
しょうへいさん(スタッフ)から普通じゃない弾き語りを入れたかったと言っていただきました


ん?

普通、、じゃな、い?



7月14日三軒茶屋ヘブンスドア
カナシバリ×ヘブンス共同企画
爆裂都市

開場18:30開演19:00
料金2000円/2500(+共に1ドリンク)

カナシバリ
UPPERS
波瑠乱満地獄変
REMEDY
MARLA
中村アリー(2番手19:35から出演)

あたい以外全員男


会う度綺麗な髪の毛が羨ましくて同じSG使いの大先輩が誘ってくれた光栄なよる


7/15(日)

山崎怠雅企画

「AN INCIDENT AT A STREET CORNER,Vol36」

@大久保ひかりのうま

19:00 OPEN 19:30 START

2000円(+1Drink)


出演:

河嶋浩二

桐村継史

山崎怠雅

中村アリーは20:40から出演


初めましてをふんだんに歌う

あたい以外全員高身長

越ヶ谷モジョモジャ

都内から少し離れた埼玉県にて
前回春にやった3マンを是非も一度とのことでお受けしたお話
日曜日だし遠出散歩ピクニックがてらに来てください
2人もあたいもそれぞれ違う色の歌を歌います
ご飯も椅子もあるよ

出番は最後です



夏風邪に気をつけてね

 

 



   

一昨年の1stレコ発ツアー前に編んだマフラー
長過ぎるマフラー
あんまうまく編めなかったマフラー

でもやっぱり手編みはあったかいね


マフラー


を引っ張り出した


外はきっと寒いから

セーターにマフラー

このくらい軽い服装が好きなのに
あと一枚、もうすぐあともう一枚の出番が
すぐそこまで来てるみたい

あなた風邪ひかんでよ



外は晴天、青いなあって見上げて
やっぱりあたしは雨女かもしれんなあって
思った


昨日は単独公演つまりワンマンライブでした

寒い中、雨の中
ご来場ありがとうございました

TIG-HUGSなんてキュートな名前をつけてくれたのは
このワンマンの影の主謀者Kato-kingさん

エレキギターを弾いてくれたひと

バンドのアレンジを鋭い角度で担ってくれたのは
うのしょうじさん

エレキベース弾いてくれたひと

土台でしっかり同じ呼吸で刻んでくれたのは
桜井佑哉さん

ドラムを叩いてくれたひと

横で笑顔で一緒に声をだして華を添えてくれたのは
びりすけさん

コーラスをしてくれたひと

あたしは4人の上で
跳ねて飛んで歌って弾いて困らせて笑ってました



スケジュールに知らん間に入ってあった
3月の誕生日ワンマンが終わって
相変わらず呼ばれて飛び出てじゃじゃじゃーん
な、
ライブの日々を過ごしてたところ


ワンマンやらないか、と

BLACK and BLUEのオーナーが言う

あたしはまだまだ収まる気配の無いコロナと
3月のワンマンで拭えない
引け目が少しあったりプライベートが

やりません

と伝えたが、しかし、

あの男なかなかの落とし上手なもんで
真っ直ぐほんとの声で言ってくれたもんで、
そうなるとあたしはいとも簡単なもんで、

散々口説かれたと言ってますが
いや実際そうなんですけども
結果

この猫背で丸まった背中を強く押してくれた

BLACKandBLUEのオーナーでもある
Kato-king兄さん


ありがとう

彼の無垢で無邪気な部分に動かされる人はきっと
あたしだけじゃないはず




ちなみに3月のワンマンの背中を押してくれたのは
石川キャプテン


まったくあたしに暇を与えない愛しい人達め




おかげでふやけずなまけず
鈍らず衰えず生きてます